fbpx

メンテナンス/カスタム

86 ZN6 エンジンルーム点検

TRDトランクスポイラー&パールホワイトの86の納車点検を行いました。

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)メカニックのムラシタです。今回はパールホワイトの86(ZN6)の納車前整備を行いました。オートマチックトランスミッションで、シフト操作もらくらくで走行距離も9万キロ台とまだまだ走れる余力がたっぷり残っている1台です!作業は、メカニックのワタナベが担当しました。86 ZN6 納車点検

86(ZN6)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは綺麗な状態ですね。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。交換時期、もしくは汚れが酷い場合は交換することをおススメします。86 ZN6 エアクリーナーエレメント点検
次にスパークプラグの点検です。こちらも碍子の焼けや電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。86 ZN6 スパークプラグ点検
エンジンルームの点検が終了したら、車両をリフトアップしてオイルパンからエンジンオイルを抜きます。結構汚れていますね。エンジンオイルは、汚れが出てそのままにするとエンジンの潤滑に悪影響を与えるので、定期的に交換しましょう。86 ZN6 エンジンオイル交換デフオイルを抜きます。こちらも焼けて劣化していますね。新しいオイルでリフレッシュしましょう♪86 ZN6 トランスミッションオイル交換デフやトランスミッションなどのドレンボルトはマグネットになっていて、オイルの中の鉄粉を吸着してくれます。オイル交換時はこちらもきれいにクリーニングします。86 ZN6 ドレンボルト清掃
新しいデフオイルを入れます。86 ZN6 デフオイル交換
次にブレーキの点検をします。ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。ブーツに劣化もなく、キャリパーの動きもスムーズで良好です。もちろんブレーキパッドの残量も確認します。86 ZN6 ブレーキ点検
下廻りの点検が終わったら、車両を下げてオイルフィルターの交換をします。86/BRZではエンジンルーム上にオイルフィルターが設置してあるので、メンテナンスしやすいですね♪86 ZN6 オイルフィルター交換車両を下げて新しいエンジンオイルを入れます。オイルはワコーズのプロステージSを使用します。86 ZN6 エンジンオイル交換ブレーキフルードの交換&エア抜きをします。ブレーキフルードも空気中の水分を吸って劣化してしまうので、1年ごとの交換をおススメします。86 ZN6 ブレーキフルード交換スペアタイヤとタイヤの空気圧と残量の確認をして戻します。86 ZN6 スペアタイヤ点検以上で納車前整備作業は終了です。T様ご成約ありがとうございました!86での走りを楽しんで下さいませ。

関連記事一覧