fbpx

中古車

86 ZN6

TRDエアロを纏った後期型の86(ZN6)納車前整備を行いました。

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)のヤナギダです。今回はノーマルコンディションの86の納車前点検整備を行いました。後期型の86は前期型と比べて、フロントバンパーに迫力が加わりました。それに加えて、こちらの車両はTRDのエアロを装着しているのでさらに迫力が出ていますね♪作業はメカニックのモリヤマです。

86(ZN6)納車前整備

最初にエンジンルームの点検から行います。ラジエーター廻りの点検作業です。アッパータンク、ラジエーターホースは劣化などなく問題ありませんでした。ラジエーター廻りの故障はエンジンオーバーヒートの原因に繋がってしまうので、定期的に点検したい部分ですね。86 ZN6 インテークホース補機ベルトは劣化などなく問題なしですね。補機ベルトが劣化してしまうと切れてしまう可能性があります。そうなってしまうとバッテリーの充電ができなくなってしまうほか、その他補機類が機能しなくなってしまうので、定期的に点検したいですね。86 ZN6 補機ベルトインテークホースも問題なさそうですね。こちらが劣化して割れたりしてしまうと、エンジンが異物を吸って調子を悪くしてしまうことがあります。こちらは問題ありませんでした。86 ZN6 インテークホースエアクリーナーも問題なさそうですね。エアクリーナーの汚れは、エンジンの吸入効率が悪くなってしまい調子を落としてしまいます。こちらもチェックしたいですね。86 ZN6 エアクリーナー続いてバッテリーの点検です。端子の緩み、バッテリーの固定がしっかりされているか確認します。固定が甘いとショートしてしまう可能性があるので要注意です。固定は問題なしでしたが、バッテリー自体が劣化していました。。。86 ZN6 バッテリー劣化したバッテリーは充電ができなくなってしまい、エンジンがかからなくなってしまいます。当店ではそういった車両は、バッテリーを新品交換しているのでご安心ください。86 ZN6 バッテリー続いて油脂類の交換です。エンジンオイルは黒く劣化していました。油脂類の交換を定期的に行って、エンジンの調子を維持してあげたいですね。スポーツカーは3000キロごと、または半年ごとの交換をおススメします。距離を乗っていなくてもエンジンオイルは酸化して性能が落ちてしまいます。。。86 ZN6 エンジンオイルトランスミッションオイルも劣化していました。劣化しているオイルはしっかりと油膜が作れなくなってしまい、トランスミッションを痛めてしまいます。デフオイルも同様ですので定期的に交換したいですね。86 ZN6 トランスミッションオイル86 ZN6 トランスミッションオイ86 ZN6 デフオイルオイルはワコーズのMT75を使用しています。86 ZN6 トランスミッションオイエンジンオイルもワコーズのプロステージSを使用しています。100%化学合成なので安心安全ですね♪86 ZN6 エンジンオイル下廻りの点検です。ブーツ類は破れなどなく問題ありませんでした。86 ZN6 下廻り86 ZN6 下廻り当店では車検に通らないブーツの破れは、納車前にすべて交換してから納車させて頂きますのでご安心ください。86 ZN6 下廻り86 ZN6 下廻りブレーキ周りの点検作業です。ブレーキパッドはフロント7ミリ、リア5ミリと残量は問題なしでした。キャリパーの固着など確認し、最後にブレーキフルード交換を行います。86 ZN6 ブレーキワイパーゴムが劣化していたので交換します。雨の日に視界が悪いと事故に繋がりやすいので要注意です。86 ZN6 ワイパーエアコンフィルターも交換します。エアコンフィルターが汚れているとにおいの原因につながります。気になる方は交換をお勧めします。86 ZN6 エアコン以上で納車前の点検整備は終了です。Y様、この度はご契約ありがとうございました。86でのドライブをぜひ楽しんでください♪

関連記事一覧