fbpx

メンテナンス/カスタム

トムスバンパーを装着した86(ZN6)の納車前整備を行いました

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)の石川です。フェラーリ顔になれるトムスバンパーを装着した86の納車前点検を行いました。ゴールドのホイールが入って、レッドのボディという完全にフェラーリを意識した仕様ではないかと思う86です。とてもスタイリッシュですね。作業はメカニックのワタナベです。

86(ZN6)納車前点検

エンジンルームから点検していきます。まずは補機ベルトのチェックです。ベルトにささくれが出ていたり亀裂が入っている場合は交換となりますが、特に問題ありませんでした。こちらはインテークホースです。蛇腹部分が経年劣化によって亀裂が入ることがありますが、特に問題ありませんでした。続いてラジエターホースです。劣化するとホースが割けて冷却水が漏れるという大変なことになるので、ラジエターホースは定期的にチェックした方が良いパーツです。こちらも特に問題ありませんでした。バッテリーの状態を専用のテスターで診断しました。結果は要交換。エンジンは普通にかかってもバッテリー自体の寿命を迎えているというのもあります。突然バッテリー上がりでかからなくなることがあるので、当社ではテスターでチェックして交換が必要か確認しています。こちらの86はご納車前に新品バッテリーに交換します。続いてエアフィルターの汚れチェックです。とても綺麗なフィルターでしたので以前に交換していることでしょう。まだまだこのままで大丈夫そうです。プラグをチェックしました。少し焼けが多くなってきている印象です。走行距離が9万kmなのでそろそろプラグとイグニッションコイルの交換時期ですね。こちらはエアコンフィルターになります。結構汚れが多かったのでこちらは新品のフィルターに交換します。リフトアップしてハブベアリングのガタ、ボールジョイントのガタをチェックしました。特に問題ありませんでした。 車高調が装着されている際は各シートの緩みがないか、増し締めチェックしております。タイヤを外したらブレーキ回りのチェックを行います。パッド残量は前後6.0mmとまだ半分以上残っています。前後のキャリパーからのフルード漏れもないですし、ピストンの動きもスムーズで問題ありませんでした。下回りの点検では各ブーツ類やブッシュ類の劣化をチェックします。車検に通らないような破れはなかったのですが、交換おすすめのパーツが2つほどありました。フロントのロアアームボールジョイントブーツです。写真のようにヒビが結構入ってきているので、破れたら車検NGです。あと86定番でもありますがデフマウントブッシュのヒビです。この2点はまた半年点検時にでも交換おすすめです。以上で納車前の点検は終了です。続いて油脂類の交換に入ります。

86(ZN6) 油脂類交換

当社ではエンジンオイル、オイルフィルター、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキフルードの交換を行います。まずエンジンオイル、ミッションオイルを抜きます。どちらもオイルの劣化は少なく定期的に交換されていたことでしょう。ミッションドレンボルトに付着する鉄粉もそこまで多くはありませんでした。ミッションオイルはワコーズのギアオイルを注入します。続いてデフオイルです。こちらも綺麗ですね。 デフオイルはクスコLSDが入っているのでクスコのLSD用ギアオイルを入れます。リフトを降ろしたらエンジンオイルとオイルフィルター交換をします。エンジンオイルもワコーズのオイルで、プロステージSという100%化学合成油を使います。 最後にブレーキフルード交換です。DOT4フルードを使用して交換しました。

ATR SPORT 123Sタイヤに組み替え

最後にオーダーいただいておりましたタイヤを組み替えます。ATRから新しく発売されたと思うのですが、最近ラインナップに加わったスポーツタイヤの123Sを発注しました。なかなかスポーティなトレッドパターンですよね。ゴムの肌触りもグリップするタイヤの肌触りをしています。ゴムは比較的硬めです。楽しみですね。

さて、今履いているタイヤは溝がかなり少なくなり劣化もしてきている状態でした。新しいタイヤを組み替えてすべての作業が終了です。 Y様、この度はご購入ありがとうございます。86の楽しい走りをぜひ楽しんでください。

関連記事一覧