fbpx

メンテナンス/カスタム

サテンホワイトパールの86(ZN6)納車前点検整備を行いました。

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)の戸川です。今回はサテンホワイトパールの86(ZN6)の納車前点検整備を行いました。こちらの車両には左右4本出しマフラーのTRDハイレスポンスマフラーVer.Rを装着したスタイリッシュな仕様です。作業担当はメカニックのワタナベが担当しました。それでは点検していきます。

86(ZN6)の納車前点検整備

まずは水廻りの点検をしていきます。ラジエターホースに亀裂やクーラント漏れはなくラジエター本体からのクーラントの漏れ跡などは見受けれられません。クーラント液はエンジン本体を冷却する役目をになっています。定期的な点検と交換をおススメいたします。続いてはインテークホースを点検していきます。特に劣化は見受けられませんでしたが、ホースにヒビや亀裂が入ってしまうとエンジン不調の原因となります。定期的な点検をおススメいたします。つづいて補器ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタがないか見ていきます。点検をおこないましたが問題ありませんでした。ベルトが切れてしまうとエアコンが効かなくなったり、充電不足になり最悪エンジンが停止することもあります。定期的な点検をおススメいたします。続いてバッテリーテスターにてバッテリー自体の健全性を確認しましたが結果は良好でした。エアフィルターは外部の空気をろ過してエンジン内にフレッシュな空気を送り込みます。フィルターの状態はきれいな状態ですが通常2年に1回のサイクルで交換をおススメします。点火プラグを確認しましたが端子の減りと焼け具合に問題はないです。定期的にチェックをして交換時期が来たら交換をおススメしてさせていただいております。エアコンフィルターですが汚れてきていました。フィルターが汚れると車内のにおいの元となりますので今回新品に交換させていただきました。続いてはリフトアップして足廻りをチェックしていきます。まず最初にハブベアリングのガタやボールジョイントのガタがないかをチェックしていきましたが、今回は特に問題ありませんでした。タイヤを外したら、ブレーキパッドやブレーキキャリパーをチェックします。ブレーキパッドの残量はフロント7mm リア6mmでした。新品で10mm程度なのでまだまだ使えそうですね。ブレーキキャリパーシールの劣化やピストンなどの固着もなく良好な状態でした。下廻り全体ですがオイル漏れやにじみなどもなく、目立つサビや腐食もありませんでした。TRD左右4本出しマフラーのTRDハイレスポンスマフラーVer.Rを装着しています。後方から見ても下廻りに大きな突き上げなどは見受けられません。

86(ZN6)油脂類の交換

8&B HMRでは納車前点検でエンジンオイルやブレーキフルード、ミッション、デフオイルを新品交換しています。油脂類がリフレッシュされていると気持ちが良いですよね。まずはエンジンオイルから抜いていきます。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑および冷却をおこないます。定期的な交換をおこなわず走り続けるとエンジン不調など重大な故障につながります。使用状況によりますが半年または5,000㎞での交換をおススメいたします。

エンジンオイルを入れていきます。エンジンオイルはWAKO’SプロステージS 100% 0W-30化学合成油を使用します。ミッションオイルを抜いていきます。ミッションオイルはギアの潤滑・冷却などをおこないます。オイルを交換することで洗浄する効果もありますので使用状況によりますが2年毎の交換をおススメいたします。 ミッションオイルを注入していきます。ミッションオイルはWAKO’SギアオイルMT-75を使用します。 デフオイルを抜いていきます。特に色や粘度は特に問題無いですね。  デフオイルを注入していきます。ミッションオイルと同じく100%化学合成油WAKO’S MT-75を使用します。 つづいてブレーキフルードを交換して同時にエア抜きをおこなっていきます。ブレーキフルードはスポーツ走行も対応可能なDOT4を使用しています。こちらも使用状況によりますが車検毎の交換をおススメいたします。

以上で納車前点検整備は終了です。I様、この度は86ご契約いただきありがとうございました。86でのドライブを存分にご堪能ください♪

関連記事一覧