fbpx

メンテナンス/カスタム

86 (ZN6)納車前点検

レイズ18インチアルミホイール&テイン車高調を装着した86(ZN6)の納車前点検を行いました。

8&B HMR(エイトアンドビー エイチエムアール)の戸川です。今回はレイズの18インチアルミホイール、テインの車高調を装着したクリスタルホワイトパールのトヨタ86(ZN6)の納車前点検を行いました。エクステリアはシンプルなエアロにルーフ・ドアミラー・フロントバンパーをブラックで塗り分けたアクセントがスタイリッシュですね。作業はメカニックのワタナベが担当いたしました。

86(ZN6)納車前点検

まずはエンジンルームから点検していきます。こちらはラジエーターホースです。ラジエーターホースからクーラント液が漏れてしまうとオーバーヒートなどの重大なエンジントラブルに繋がり兼ねないので、亀裂や劣化などを見ていきます。特に問題はありませんでした。続いては補器ベルトです。補器ベルトが故障するとウォーターポンプやオルタネーターが作動しなくなってしまうので要注意です。ベルトのささくれや劣化なども見られなかったので問題ありませんでした。続いてエアフィルターです。こちらは目立つ汚れはないですが、2年に1度のサイクルでの交換をおススメいたします。86 (ZN6)納車前点検こちらはエアコンフィルターです。特に汚れもなく綺麗な状態です。交換時期としては1年に一度くらいのペースで交換をおすすめします。続いてはバッテリーをテスターにかけていきます。このテスターでバッテリーがちゃんと力を発揮できているかが分かります。今回は良好と出たので問題ありません。続いてはスパークプラグを見ていきます。端子の減りと焼け具合に問題はありませんでした。つづいてはリフトアップをして足廻りを見ていきます。タイヤを揺らしてハブベアリングのガタやボールジョイントのガタを点検しましたが異常ありませんでした。続いてブレーキキャリパーとブレーキパッドを見ていきます。ブレーキパッドは写真を撮り忘れてしまいましたが、、残量はフロントリア共に9㎜と、ほとんど新品に近い状態でした。そしてブレーキキャリパーシールの劣化やピストンの固着もなく問題ありませんでした。サスペンションはテイン車高調が装着されてました。ダンパーからのオイル漏れはなく、シートの緩みもありませんでした。足廻りの点検が一通り終わりタイヤを戻す前にタイヤ残量を計測します。フロント6.3mm リアは6.1㎜でした。しばらく交換はしなくても大丈夫ですね。最後にタイヤの空気圧を測定し規定値にあわせていきます。次は油脂類の交換です。

86(ZN6)の油脂類交換

当店では納車前点検時にエンジンオイルやブレーキフルード、ミッション&デフオイルを新品に交換しています。まずはエンジンオイルから交換していきます。抜いたエンジンオイルは比較的綺麗でした。前オーナーさんのメンテナンスが行き届いていた証拠ですね。エンジンオイルはWAKO’SプロステージS 100%化学合成油を使用します。粘度は0W-30です。エンジンオイルの交換は半年または5,000㎞を目安に交換をおススメいたします。オイルフィルターも交換しました。こちらはオイル交換2回に1回のペースで交換をおススメいたします。続いてミッションオイルです。ミッションオイルはエンジンオイルに比べて忘れがちになってしまうので、できればエンジンオイル交換2回に1回のペースで一緒に交換することをおススメいたします。抜いたミッションオイルの色や粘度に問題はありませんでした。ドレンボルトについている鉄粉量も問題ありません。ミッションオイルを入れていきます。ミッションオイルはWAKO’S ギアオイルMT-75を使用しています。デフオイルもミッションオイルと同じWAKO’S ギアオイルMT-75 を使用しています。こちらも次回ミッションオイルと同じタイミングで交換することをおススメいたします。抜いたデフオイルは色や粘度に問題ありませんでした。デフオイルを入れていきます。ブレーキフルードを交換して油脂類の交換は終わりです。ブレーキフルードはスポーツ走行にも対応するDOT4を使用しています。発煙筒の期限が切れていたので交換いたしました。車検では問題ないのですがいざ使用する際に使えないと困るので、8&B HMRでは交換させていただいています。以上が納車前点検でした。K様、この度はご購入頂きましてありがとうございます。楽しい86ライフをぜひ堪能してください。

関連記事一覧