fbpx

メンテナンス/カスタム

TRDエアロ&マフラーにTWS別注17AWを装着した86(ZN6)GTの納車前点検整備を行いました。

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)のサコウです。今回はクリスタルホワイトパールのC型86(ZN6)納車前の点検整備を行いました。前ユーザーより直接買取した車輛で、TWS別注17AW・TRDエアロ&マフラー・定番流用のインプレッサGC8用キャリパ―などアフターパーツが多数取り付けられています。作業担当はメカニックのムラシタです。

86(ZN6)の納車前点検

エンジンルームの点検から行います。バッテリーテスターにてバッテリー本体の健全性を確認しましたが良好な状態でした。バッテリーは使用状況によりますが3~5年のサイクルで交換することをおススメいたします。グレッディカーボンダイレクトサクションに亀裂や破損などは無く良好な状態です。サクションパイプに亀裂や破損が起きるとエアフィルターを通さない空気がエンジンに送りまれます。エンジン不調の原因となりますので定期的な点検をおススメいたします。エアフィルターを点検します。エアフィルターは目立つ汚れはありませんね。定期的な点検を行い汚れが目立つ様になれば交換をおススメいたします。水廻りの点検をしていきます。ラジエターホースに亀裂やクーラント漏れはありません。ラジエター本体からもクーラント液の漏れ跡も見受けれられません。クーラント液はエンジン本体を冷却する役目をになっています。定期的な点検と交換をおススメいたします。 続いて補機ベルトの状態およびオートテンショナーの異音やガタが無いかを見ていきます。点検を行いましたが問題ありませんでした。ベルトが切れてしまうとエアコンが効かなくなったり、充電不足になり最悪エンジンが停止することもあります。定期的な点検をおススメいたします。純正のイリジウムプラグが装着されています。走行距離が8万kmなので、プラグはそろそろ交換時期を迎えます。イグニッションコイルと合わせて交換するとエンジン出力が戻るくらい86はプラグとコイルが劣化します。10万kmまでにはプラグとコイルは交換をおススメさせていただいております。続いてブレーキマスターシリンダーの点検を行いましたが、フルード漏れや滲みも無く良好な状態です。続いてはリフトアップして足廻りをチェックしていきます。まず最初にハブベアリングのガタやボールジョイントのガタが無いかチェックを行いましたが、今回は特に問題ありませんでした。下廻り全体の写真です。目立つ大きなサビや腐食は見受けられずきれいな状態です。マフラーは迫力のサウンドが魅力なTRDハイレスポンスマフラーVer.R装着しています。ブレーキ廻りを点検していきます。ブレーキキャリパーは定番流用のインプレッサGC8用 フロント4POT リア2POT対向赤キャリパーおよび社外スリットローターを装着しています。ブレーキキャリパ―シールの状態およびキャリパ―ピストンの動きも問題ありません。続いてブレーキパッドの残量はフロント7mm リア10mmでした。十分にブレーキパッド残量がありますのでしばらくは交換しなくても大丈夫ですね。ブッシュやブーツに現状車検に通らないような箇所はありませんが、左右フロントロアアームブッシュに少しヒビが出てきています。定期的な点検おススメいたします。フロントロアアームブッシュの状態です。右ヘッドカバーパッキンにオイル滲みが少しあります。定期的な点検を行い交換時期が来たら交換をおススメいたします。

86(ZN6)の油脂類交換

8&B HMRでは納車前点検でエンジンオイルやブレーキフルード、ミッション、デフオイルを新品交換しています。油脂類がリフレッシュされていると気持ちが良いですね。まずはエンジンオイルから抜いていきます。エンジンオイルはエンジン内部の潤滑および冷却をおこないます。定期的な交換を行わず走り続けるとエンジン不調など重大な故障につながります。使用状況によりますが半年または5,000㎞での交換をおススメいたします。リアデフオイルを抜いていきます。リアデフオイルを注入していきます。デフオイルはWAKO’S MT-75ギアオイル 75W-90となります。写真を撮り忘れてしまったのですがミッションオイルも同じくWAKO’S MT-75ギアオイル 75W-90を使用しています。タイヤの溝残量を計測していきます。フロントおよびリアタイヤはタイヤ溝残量はおおよそ3㎜となります。エンジンオイルを入れていきます。エンジンオイルはWAKO’SプロステージS 0W-30 100%化学合成油を使用します。続いてブレーキフルードを交換して同時にエア抜きを行います。ブレーキフルードはDOT4を使用しています。こちらは使用状況によりますが車検毎の交換をおススメいたします。空気圧を4輪すべて適正圧に調整しています。空気圧の調整はガソリンスタンドで自分でも簡単出来るので、1ヶ月に1回は行うことをおススメいたします。発炎筒の有効期限が切れていたので交換しました。発炎筒は有効期限が切れていても車載されていれば車検は問題ありません。但しいざとなった時に使えるとは限りませんので、HMRでは有効期限が切れたものは交換させていただいております。

以上で作業は終了です。S様、この度は86ご契約いただきありがとうございました。86のボクサーサウンドを存分にご堪能下さい。

関連記事一覧