メンテナンス/カスタム

BRZクスコクラッチキット交換

【デモカーBRZ】クスコクラッチキットを装着

8&B(エイトアンドビー)の石川です。86はデモカーを用意して作ってきているのですが、ネタが86に偏りがちなのでBRZも作ることにしました。基本的な設計は同じなので86とやることは変わらないのですが、車種が違うのでBRZはBRZで方向性を決めて作りたいと思います。で、そのベース車両はこちらです。スバルBRZ(ZC6)STIホイール在庫車両の中からピックアップしました。なかなかスタイリッシュに決まっている1台です。STI風(プレートがなくて定かでないため)なリップスポイラーとTRDサイドステップが装着され、GTウィング付きという仕様です。そして、ホイールはSTIの18インチ。ブレーキはスバル対抗4podキャリパーです。ベースとしてはスタイリッシュに仕上がっている感じですね。ただ、BRZはサーキットでのタイムをつめるために作ろうと思うので、この仕様からガラッと変えていきます。で、まずはクラッチからです。クスコの軽量フライホイール付きのクラッチを導入します。今回の作業を担当したはメカニックのムラマツです。

BRZにクスコクラッチキットの取り付け

こちらがクスコクラッチキットです。一式セットになっています。そこに純正のレリーズベアリングやフォークなどを手配して交換します。
BRZクスコクラッチキット強化クラッチカバーとディスクです。BRZクスコクラッチカバー

BRZクスコクラッチディスク
フライホイールは重量4.8kg(純正比48%軽量化)です。BRZクスコ軽量フライホイールでは交換作業に入ります。ミッションを下ろすのでまずはシフトブーツ周りをバラします。
BRZシフト周り分解BRZシフト周り分解BRZのシフトブーツ裏はこんな感じになっています。4つの六角ナットでとまっているプレートはシフトフィールに物凄く影響します。このプレートの位置でシフトチェンジの位置決めをしている感じなので、ここを微調整するとフィーリングが良くなったりします。デモカー86は元々のフィーリングが良くなかったのでここを微調整しました。左側の突起物がリバースギアへの仕切りになり、シフトノブ下のリングを上に上げるとこの仕切りを超えてリバースへとチェンジできるようになる仕組みです。BRZシフト周り分解さて、こんな感じでシフト周りが分解できたので続いて下回りです。BRZシフト周り分解下回りはミッションを下ろすのでその準備です。まずはミッションオイルを抜きます。BRZミッションオイル抜き続いて中間マフラーを外します。BRZマフラー取り外しプロペラシャフトも外します。BRZマフラー取り外しエンジンスターターモーターを取り外します。BRZスターターモーター取り外し各ボルトを取り外してミッションを下ろします。BRZミッション降ろしクラッチが顔を出してきました。BRZ純正クラッチ取り外し全て取り外して丸裸です。クラッチ交換の際に同時にクランクシールも変えておくといいですね。漏れていなくてもこのタイミングじゃないと交換できないので。部品代はたかが知れているのですが、工賃がね。。。BRZクスコクラッチ取り付けあ

BRZクラッチ交換

ここからようやくクラッチ交換となります。クラッチカバーとディスクを外すとフライホイールが出てきます。BRZ純正クラッチ取り外し取り外したクラッチカバーとディスクがこちらです。 BRZ純正クラッチディスクディスクは9万km走行で未交換だったので減ってきていますね。左が純正で右がクスコ新品です。溝の深さが違うのがわかると思います。その分減っているということになります。BRZ純正クラッチディスクとクスコクラッチディスクカバーの方はこんな感じです。左が純正です。それなりに熱が入った感じですね。BRZ純正クラッチカバーとクスコクラッチカバーこちらはフライホイールの比較です。穴の空いている箇所が明らかに違います。持つとクスコの方はかなり軽いですね。これはレスポンスにかなり現れそうです。その分下のトルクが無くなりそうですが。。。BRZ純正フライホイールとクスコフライホイールこちらはミッション側のベアリングとクラッチレリーズフォークです。フォークの動きはかなり渋くなっていました。新品に交換してスムーズな動きになります。BRZ純正クラッチベアリング BRZ新品ベアリング・クラッチフォーク取り付けあBRZ新品ベアリングフライホイールにパイロットベアリングを圧入します。これもクスコクラッチキットに付属しています。BRZクスコフライホイール取り付けあこんな感じでエンジン側に取り付けました。BRZクスコフライホイール取り付けあ続いてクラッチカバーとディスクの取り付けです。BRZクスクラッチ取り付けあ専用工具を使ってセンター出しをして取り付け完了です。BRZクスクラッチ取り付けあミッションを戻してオイルを入れて終了です。BRZミッション取り付け BRZミッションオイル注入乗ったフィーリングですが、これまで通りのアクセル開度で発進しようとしたらエンストしました(笑) やはりフライホイールが軽くなった分下が無くなりましたね。ただ、エンジン回転のフィーリングはかなり軽くなったので、回転数が上がっていくのは明らかに速いです。かなり気持ちよく回ってくれます。次回は、アクレさんに依頼しているスピリット車高調スペックN(サーキット仕様の倒立タイプ)が完成したら取り付けする予定なので、またブログでご紹介します。

86&BRZ関連記事一覧