fbpx

新規入庫車両

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

ノーマルコンディション、涙目 インプレッサ WRX STi E型 GDB 6MT オブシディアンブラック入庫!

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)の森山です。先日入庫したインプレッサを紹介したいと思います。H16 涙目 アプライドモデルE型 、グレードはWRX STI 6MTとなります。走行距離は102,400㎞となり、修復歴は無しでフルノーマルコンディション、車検は納車時に2年付けてお渡しとなります。

WRCを彷彿させる大型リアスポイラー、ノーマルコンディションの1台

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

では早速紹介していきます。外観の前まわりですが、写真でも分かる通り大きなキズやへこみは見受けられません。Fバンパーは目立つキズなどはありませんが、飛び石があります。左右フェンダーも磨けば目立たなくなる薄いキズはありますが、磨けば綺麗になりますね。

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

強力なストッピングパワーを生み出す、純正ブレンボ対向キャリパー!フロントは4ポット リア2ポットとなります。一度使うと、対向キャリパー特有の踏み心地がクセになります。街乗り~サーキットまで対応できる優れモノです。フロントタイヤの溝はありますが経年劣化のため、タイヤ表面に少しヒビが入って来ていますので、新しくタイヤを交換する事をおススメします。純正17インチアルミホイールに目立つキズは有りません。

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

左右のヘッドライトレンズですが、紫外線によるレンズの黄ばみが少し出ています。気になる方はヘッドライトコーティング(¥11,000)を施工頂くとレンズの輝きが戻り、紫外線からもレンズを保護致します。

インプレッサWRXSTI(GDB)ヘッドライト

ボンネットですが、大きなキズやへこみはありませんがボンネットグリルに近い前方部分にエクボ程度のへこみがあります。写真でも確認は難しいので気にならないかと思います。続いてルーフやトランクにも目立つキズやへこみは見受けられません。もちろん、色褪せ等も見受けられません。

インプレッサWRXSTI(GDB)ボンネット

インプレッサWRXSTI(GDB)ルーフ

WRC(世界ラリー選手権)彷彿させる、整流効果の高い純正大型リアスポイラー、ハイマウントストップランプ付きで後続車からの視認性もばっちりです。

インプレッサWRXSTI(GDB)リアウイング

サイドから見た感じですが、ノーマルでもこのローフォルム!ゴールドの純正17アルミホイールがオブシディアンブラックの車体とマッチしますね。写真でも分かる通り目立つキズやへこみはありません。

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

リア廻りですが、写真でも分かる通り、目立つキズやへこみはありません。ドアにうすいキズは見受けられますが、目立つ感じではないです。リアバンパー左上部に少し塗装が少しぼけてきた個所がありますが、気になるレベルではないかと思います。

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

迫力の235/45R17サイズの純正17アルミホイール、タイヤはグッドイヤー製です。各種メーカーお取り寄せ可能ですので、お気軽にご相談下さい。(タイヤチェンジャー完備)

インプレッサWRXSTI(GDB)オプションBBS

ボクサーサウンドを引き立たせるSTIマフラーを装着。インプレッサは下廻りに大きなサビや腐食が多いものが多数ですが、写真でも分かる通りこの車両はそんな心配無用です。

インプレッサWRXSTI(GDB)マフラー

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

インプレッサWRXSTI(GDB)E型

インプレッサWRX STIの外装動画

外装動画を撮影しています。写真では確認できない部分等をチェック下さい。

WRX STi専用ブルー内装で気分はWRCドライバー

インプレッサWRXSTI(GDB)内装

102,400㎞を走行していると外装はきれいでも内装の状態はひどいのではないかと、気になる方が多いと思いますので、運転席から紹介させて頂きます。写真でも分かる通りきれいで、シートに多少のスレは有りますが、使い込まれた感はありません。ステアリングに関しては多少の使用感がありますが、まだまだ使える状態ですね。

インプレッサWRXSTI(GDB)純正シート

助手席シートですが、使用頻度が低かったのか写真でも分かる通り目立つスレや汚れもなく、きれいな状態です。

インプレッサWRXSTI(GDB)純正シート

写真でも分かる通り、ダッシュボードに目立つ汚れやキズは有りません。

インプレッサWRXSTI(GDB)純正シート

リアシートは国産スポーツかーで数少ない、大人がちゃんと座れるシートです。写真でも分かる通り、目立つスレや汚れは無く、綺麗な状態です。

インプレッサWRXSTI(GDB)純正リアシート

適度な大きさとグリップ感の純正SRSエアバック付きパンチングレザーハンドル。スバルのスポーツカーの場合、内外装及び機関共にフルノーマルに拘る方が多いのですが、行き着く所はノーマルが一番なんでしょうね。

インプレッサWRXSTI(GDB)ステアリング

インプレッサWRXSTI(GDB)シフトノブ

インプレッサWRXSTI(GDB)デジタル時計

カロッツェリアHDDインダッシュナビ装備、各メーカーの最新ナビ取り付けも行っています。是非、ご相談下さい。

インプレッサWRXSTI(GDB)カロッツェリアHDDナビ

電磁式LSDで前後のトルク配分を制御。前後輪の作動制限をオートまたは任意で変更可能なDCCD(ドライバーズ・コントロール・センター・デファレンシャル)を標準装備しています。

インプレッサWRXSTI(GDB) DCCD

インプレッサWRXSTI(GDB)ドリンクホルダー

ターボ車の夏場使用時のパワーとトルク低下を吸入温度を下げる事で防ぐ、インタークーラーウォータースプレーを装備しています。実用域でも効果を体感出来る優れものです。

インプレッサWRXSTI(GDB)インタークーラースプレーボタン

今では付いていて当たり前、ETC装備で高速をノンストップドライブ

インプレッサWRXSTI(GDB)ETC

ドアトリムも写真でも分かる通り、目立つ汚れやキズは見当たらず綺麗な状態です。

インプレッサWRXSTI(GDB)ドアトリム

インプレッサWRXSTI(GDB)ドアトリム

インプレッサWRXSTI(GDB)ドアトリム

インプレッサWRXSTI(GDB)ドアトリム

インプレッサWRX STiの内装動画

写真では確認しづらい部分を動画にてチェック下さい。

新車ではもう購入出来ない名機ボクサーEJ20ターボエンジン

約30年の間、進化を止めずに作られ続けたボクサーEJ20型エンジン、中・高回転出力で圧倒的な加速でクラス最高エンジンと呼ばれたが実はもう新車で搭載された車は無くて、中古車でしか買えません。今でも人気の衰えないインプレッサGDB型のEJ20ターボエンジンを実際に掛けてみました。約10万㎞走行していますが、エンジンの始動性・アイドリング状態・吹上がり共に問題ありませんでした。エンジンルーム上から見ても、オイルの燃える臭いも感じられなく、目視でもオイル漏れ等は確認出来ませんでした。ノーマルコンディションを維持しており、よくメンテされていた感じがします。

インプレッサWRXSTI(GDB)エンジン

エンジン動画もご確認下さい。

インプレッサWRX STiのトータルフィーリング

店舗の周りを試乗しましたが、ノーマルコンディションで走行中に気になる異音等も無く、走行上は距離を感じさせない車両でした。ターボエンジンの中回転からの加速もよく、吹け上がり抜群でした。ステアリング操作は異音も無く問題ありませんでした。乗り心地も硬すぎず、シートもホールド性が高くて長距離でも疲れる事はないですね。トータルの印象として、この涙目アプライドモデルE型は走行102,400㎞の割に外装・内装・機関系共に走行距離を感じさせない、良いコンディションでした。タイミングベルトを交換された履歴は確認出来ませんでしたが、トータルで見る限りメンテナンスは一通り行ってきたと感じる車両でノーマルコンディションに拘り、メンテナンスをしっかり行いたい方に最適な一台です。10万㎞がタイミングベルトの交換推奨時期なので、購入の際に一緒に水回りと共に交換するのも一つですね

インプレッサWRXSTI(GDB)E型
インプレッサWRXSTI(GDB)E型

この車の詳細を見る

関連記事一覧