fbpx

メンテナンス/カスタム

オートマでドライブも快適♪86(ZN6)の納車前整備を行いました。

8&B HMR(エイトアンドビーエイチエムアール)メカニックのモリヤマです。今回は86(ZN6)の納車前整備を行いました。TRDエアロ&モデューロリップにRAYS 57FXXで外装がバッチリ決まった一台です!

86(ZN6)納車前整備

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは綺麗な状態ですね。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。交換時期、もしくは汚れが酷い場合は交換することをおススメします。次にスパークプラグの点検です。こちらも碍子の焼けや電極の異常な摩耗などもなく正常ですね。86・BRZは水平対向エンジンなのでスパークプラグの点検、交換が結構大変です(泣)ボディとの隙間がもう少しあれば・・・ラジエターホースの点検です。ホースに劣化がないか、漏れがないか確認します。86&BRZは特にアッパーホースに継手があるため、注意が必要です。補機ベルトの点検です。ベルトの緩みやひび割れなどの劣化もなく良好です。劣化や緩みが出るとキュルキュルと音が鳴ったりします。エアフローホースの点検です。こちらもキレイな状態ですね。エアフローホースなどエアクリーナーからエンジンまでの間で傷や破れが生じると、エンジンが異物を吸ってしまったり、吸入空気量が狂ってしまうのでエンジン不調になることもあります。ブレーキマスターの漏れの点検をします。液量の減りもなく良好です。バッテリーの点検です。固定の状態や補水式のバッテリーの場合はバッテリー液の量もチェックします。車両下のオイルパンからエンジンオイルを抜きます。デフオイルを抜きます。新しいオイルでリフレッシュしましょう♪デフやトランスミッションなどのドレンボルトはマグネットになっていて、オイルの中の鉄粉を吸着してくれます。こちらもきれいにクリーニングします。新しいデフオイルを入れます。次に下回りの点検です。ブレーキの点検をします。ここではブレーキパッドの残量の他、ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。リアブレーキも同じようにチェックします。こちらもブーツの劣化やキャリパーの固着もなく良好です。ブレーキの点検が終了したら、車両を更に上げて下廻りの点検です。ブーツやブッシュ類の劣化や損傷がないかの確認や、オイル漏れなの確認も行います。エンジンやトランスミッションのオイル漏れはもちろん、ブーツのブーツ類の破けも車検に通らないため、しっかりチェックします!下廻りの点検の後は、車両を下げてエンジンルームからオイルフィルターを交換します。86&BRZはエンジンルーム上にオイルフィルターが設置されているので作業しやすいです♪新しいエンジンオイルを入れます。オイルはワコーズのプロステージSです。

86(ZN6)ナビ&リアカメラ取付

続いてオーナー様からナビ&リアカメラ取付のご依頼を頂きましたので、さっそく作業を開始します♪電装品の取付をする際には必ずバッテリーのマイナス端子を外して作業しましょう。作業中に誤ってショートさせてしまうと、ナビ本体や車両が故障してしまいます。まずは車内から古いナビを取り外します。リアカメラは取り付けられていますが、作動しないため新品に交換します。最近の車両はクリップなどでパネルが止まっている為、固定されている位置が分かれば簡単に取り外すことができます♪ただし力技は厳禁です。今回ナビはKENWOODの彩速ナビTYPE Mをご用意させていただきました。リアカメラもKENWOOD製のものをご用意しました!今取り付けられているリアカメラを外して、同じ位置に設置します。取付穴がすでに開いているので、そこを活用して新しいカメラを取り付けます。リアカメラやフィルムアンテナのコードなどをナビ裏に集めて配線します。ETCなどのコード類もナビ裏でごちゃごちゃにならないように、工夫しながら配線していきます♪配線がまとまったら、ナビに接続して仮付けします。動作確認もOKです!このあと各接続状態やリアカメラの作動を確認していきます♪

動作を確認したら配線の最終調整をして、内装を戻していきます。最後に走行チェックを行って作業は終了です。H様ご依頼ありがとうございました!

関連記事一覧